漫画『進撃の巨人』の海外の反応と評価を紹介「ラストだけが残念だ」

進撃の巨人の漫画は海外ではどんな評価や反応があるのか気になりませんか?何が面白くつまらないのか?海外ではどう思われているのか?この記事では海外のSNSで探しまくった大量の一般読者のレビューを紹介しています。

それにしても日本とは違って好きな人は好きとはっきり言いますが、嫌いな人は本当に嫌いな点を長文で紹介してくれるので見所がたっくさんあります^^

そのほかの海外の反応はこちら↓

スポンサードリンク




漫画『進撃の巨人』の海外の反応と評価を紹介「ラストだけが残念だ」

広告

漫画『進撃の巨人』の海外の”肯定的な”反応と評価

Amazon | Attack on Titan 7 | Isayama, Hajime | Science Fiction

No.1 10点満点だ!
たくさんの漫画を読んだ後で、最初に読んだときに心を奪われるような漫画を見つけるのは難しいです。
しかし、「進撃の巨人」は私を驚かせた漫画の一つであり、私はこの作品を読むのが大好きです。

ストーリー 10/10
超自然現象を扱った他の漫画と比較して、巨人を主な悪役とすることは、すでに非常に興味深い選択です。なぜなら、このマンガで描かれている巨人は、特別な力を持っているわけではなく、ただ大きくて、殺すのがとても大変で、人を食べることにはうるさくないからです。この漫画の素晴らしいところは、巨人の存在を除けば、すべてがとても現実的に見えることです。物語は、人類最後のコロニーが常に巨人の攻撃の脅威に直面している終末論的な状況を舞台にしています。何十年にもわたって巨人への攻撃が成功しなかった後、このマンガの登場人物たちは恐怖と絶望に苦しんでいますが、彼らは英雄的でも楽観的でもありません。

アート 8/10
私はこの作者のスタイルを楽しみました。硬質で、時に雑然としていますが、それがこの漫画を他の作品から際立たせています。登場人物たちはそれぞれ異なる特徴を持っているので、見分けるのは簡単です。しかし、最も素晴らしいのは、巨人の描き方でしょう。どのページにも巨人が出てくると、絶対に怖くなります。そして、巨人に食べられた人々の死もよく描かれています。そして、登場人物の恐怖と絶望の表情が、彼らをとてもかわいそうにさせるのです。

キャラクター 9/10
このマンガのキャラクターがリアルに描かれているのがいいですね。どのキャラクターも、英雄的であるとか、楽観的であるとかいう幻想を抱いていません。それどころか、それぞれがそれぞれのやり方で利己的なのです。悪役が死なない少年漫画をたくさん読んだ後では、ヒーローが自信と勇気を持ち続けることができるとは信じられません(ブリーチの黒崎、Dグレーのウォーカー)。そしてこの漫画では、登場人物たちが特別な力や武器を持たない、戦いに疲れて周りの死を目の当たりにしている、ただの生身の人間であることがわかります。

楽しさ 10/10
この漫画は、最初から私を魅了しました。多分、私はこの漫画が醸し出す暗くて絶望的な雰囲気がとても好きなのだと思います(初期のd.grey-manを思い出します)。悪役である巨人は邪悪で狂っていて恐ろしく、主人公たちは弱くて怯えていて、ただ生きるために必死です。素晴らしい作品です。

総合評価 10/10
これはみんなに勧めたい。本当に素晴らしい作品だよ。

Amazon | Attack on Titan 33 | Isayama, Hajime | Science Fiction

No.2 10:
この『進撃の巨人』では、読者は超積極的な読者である必要があります。すべてのページ、パネル、キャラクターの行動、背景にあるランダムなものにまで注意を払わなければ、何が起こっているのかを理解し、ストーリーの賢い予測や理論を立てることができません。
私がこれまでに読んだ文学作品の中で、最も優れた作品のひとつです。

No.4 10点
私はちょうど日本語版の4巻を読み終えたところですが、この『進撃の巨人』は私が読んだ中で最高のものだと言えます。なぜこの漫画が日本の人気漫画チャートの上位にあるのかがわかりました。
ストーリーはとても魅力的です。絵もいいですが、もう少しキャラクターに凝ってもいいのではないでしょうか。

楽しさ100%。全体的には、誰もが好きになれる素晴らしいシリーズだと思います(いくつか気になるシーンがあることを除いて)。

この漫画家にはこれからも活躍してもらいたいです。

No.5 9点
この新しいマンガ『進撃の巨人』は、日本での売り上げチャートのトップを占めていますが、それには理由があると思います。
私はまだ読み始めたばかりですが(第2章に入ったところです)、すでに夢中になっています。

まず、絵について少し触れておきます。背景はとてもきれいで洗練されていますが、キャラクターはきれいですが、もう少し「うるさい」感じがあってもいいのではないかと思います。

このようなスタイルは、かえって巨人(タイタン)に適していると思います。彼らは奇妙で歪んだ人間の形をしていて、顔の皮膚は邪悪な笑みを浮かべて歯をすべて見せています。彼らの体のプロポーションは、通常、さらに怪物的な外観を与えるために十分にずれています。
しかし、キャラクターの顔には感情がよく表れています。

とてつもなく強い捕食者を前にしたキャラクターたちの恐怖はよく表現されている。想像してみてください。身長15メートルの巨大な男が、邪悪な笑みを浮かべて、あなたを食べようとしているとしたら…。
これは、肉食動物に対する人間の本能的な恐怖心を利用したものです。確かに、現在は人間が食物連鎖の頂点に立っていますが、昔からそうだったわけではありません。

おそらくライオンが知能を進化させれば、天敵がいないので(普通は)このような恐怖を知ることはないでしょうが、私たちにとっては、獲物になる恐怖、強い捕食者の前では無力であるという恐怖はよく理解できるものです。
これほどまでにこの点を強調した漫画は他に記憶になく、これは確かに良いことです。

唯一の不満点は、絵の質が必ずしもベストではないことですが、連載が始まったばかりなので、作者には改善する時間が十分あると思います。

私はこのシリーズを絶対にお勧めします。

No.6 9点
この記事を書いているのは夜の12時近くで、今は先延ばしにしているので、誤字脱字があるかもしれませんが、これだけは伝えておきたいと思います。

フォーラムで誰かがこの漫画を勧めてくれたので、見てみることにしました。最初は、またつまらない少年漫画だろうと思っていましたが、幸いにもそれは間違いであることがわかり(その人は漫画の趣味がいい)、この物語にとても夢中になりました。

ストーリー:非常によくできています! サスペンスと期待感を十分に与えてくれます。テンポは悪くなく、速すぎもせず遅すぎもせず、ちょうどいい感じです。ただし、プロットの重要な要素である壁の作り方や維持方法など、わかりやすくするためにコンセプトページが挿入されることがあります。
この新人マンガ家が、自分の発明の実用性について研究したことは明らかで、それがこのマンガをよく考えられたものにしています。

絵:他のレビュアーが言ったように、絵は非常に平凡で、なんとかこのマンガを読める程度です。キャラクターはプロポーションを崩して描かれており、もしあなたが強迫性障害の感覚を持っている人なら(あるいは下手な絵に目が釘付けになってしまう人なら)、このマンガに大いに苛立させられるかもしれません。
私は他のレビュアーの方と同じように、タイタンの描写について同意します。

しかし、巻末では、普段はとてもストイックなのに、仲間を大切にしているミカサを好きになりました。
第1巻では、タイタンは壁を簡単に踏み壊し、人間の残された領域に侵入してくるので、対立の重要なポイントとなっています。彼らについては、動物や植物を無視するという事実以外にはあまり知られておらず、今のところ知られている弱点は1つだけです。

楽しさ:深夜に読んだこともあり、「進撃の巨人」は私にエンターテイメントを提供してくれました。他の人気漫画にはない、食べられることや未知のものへの恐怖を表現していたので、ぜひ再読したいと思います。絵の質が良くない点も気になりましたが、ストーリー性の高さが私をもっと読みたいと思わせてくれました。

総評:ストーリーは素晴らしい、絵は人間の定義に工夫が必要、キャラクターはまだ完全には成長していない、高いレベルで楽しめます。このマンガはWSJ(週刊少年ジャンプ)が求めていたものとは違っていたためにボツになったという噂を聞いたが、このマンガがボツになったのは良いことだったと思います。もしこのマンガが受け入れられていたら、ストーリーは読者のためにダブらなければならなかったでしょう。

もしあなたに時間があって、絵の質に関わらずプロットベースの漫画が好きなら、「進撃の巨人」は間違いなく素晴らしい作品です。

No.7 9点!

ほぼ完璧な漫画である「進撃の巨人- attack on titan」のレビューに入りましょう。
(このレビューは、この漫画の最初の11巻までを対象としていることを忘れないでください。このレビューは漫画の最初の11巻までを対象としており、漫画が出版された後に「進撃の巨人」を再レビューします。)

注:ちょっと不完全だったり短かったりしたらごめんなさい。ネタバレしないようにしましたので、漫画を読んでいない方もご安心ください。
進撃の巨人」は、諫山創が原作・作画を担当した、少年漫画の要素を含んだ歴史SF・ファンタジー青年漫画です。まず最初に、この漫画の最高で最強の側面であるプロットについて話そう。

そのため、ここでプロットの概要を説明できないのが残念です。

というのも、私は少なくとも基本的なことに触れずにプロットを語り続けるのが好きではないからです。しかし、私に何ができるだろうか? 最初はかっこよくて面白かったのに、どんどん展開していくうちに謎が出てきて、想像もつかないことが明らかになっていく。
これは「進撃の巨人」が最も得意とするところで、多くの未解決の謎を同時に作り出すことで、私たちは物語に興味を持ち、読み続けることができるのです。物語は信じられないような方法で構成されていて、アニメでは見られなかった、巨人と戦っている間にキャラクターたちが経験する絶望と恐怖をすべて感じさせてくれます。

また、キャラクターも非常にユニークです。それぞれのキャラクターは、性格、決断、そして感じる恐怖までもが異なっています。また、一人一人が物語の中で特別な役割を担っていたり、背景のストーリーなどに謎があったりするようです。

もちろん、エレン、ミカサ、アルミン以外にも、登場時から多くの人に支持されているリヴァイ兵長やサシャ・ブラウスのように、他のキャラクターよりも深みのあるキャラクターもいます。もちろん、登場人物の背景があまり描かれていないこともありますが、漫画がまだ終わっていないので、それが欠点とは言えません。

物語のコンセプトはすべてしっかりと作られていて、説明することができます。一つ一つのことに。アニメや漫画だけでなく、映画やゲーム、小説など、多くの作品に欠けている点だと思います。物事には最低でも説明が必要です。そして、これらの説明と今回の発見により、私は「進撃の巨人」を超常現象やファンタジーのアニメだと思っていたが、実際にはもっとSF的なジャンルのアニメだと思うようになった。しかし、繰り返しになりますが、ストーリーが完成しておらず、多くのことが解決されていないので、まだジャンルを断定することはできません。あくまでも私の意見ですが、この漫画が超自然的であると信じている人もいます。

私がこの物語について感じた最も良い点の一つは、典型的な少年漫画、あるいは格闘中心の青年漫画の脱構築でもあります。この漫画にはほとんど決まりごとがなく、その決まりごとは、何かが起こったときや誰かが言っていることを強調するためにうまく使われています。

また、「進撃の巨人」の特徴として、アニメではめったに見られないキャラクターの死を気にしていないことが挙げられますが、それと同様に非難の声も各章を通してほとんどありません。劇的な死ではありませんが、誰の死であっても、少なくとも少しの感情を感じさせます。しかし、もちろんこの部分については詳しく述べません。

また、まだ物語が完成していないので、結末についての一般的な意見は言えません。ただ言えることは、私は現在進行形のマンガを読んだり、現在進行形のアニメを見たりするとき、いつも結末が怖いということです。いつも思うのですが、「もしエンディングが完全にひどいものだったらどうしよう?」と思ってしまいます。しかし、この漫画が素晴らしく、考え抜かれた結末を迎えることを期待しています。作者がこのシリーズのエンディングで失敗しないことを願っています。


さて、次は絵の話です。
ここがこの漫画の失敗点です。全体的に絵が下手なのは、おそらく作者が初心者だからでしょう。
多くのシーンで解剖学上の大きな欠陥があり、プロポーションの間違いなどがあります。また、このマンガで行われているシェーディングは最高ではなく、諫山がページの黒い部分にインクを塗る方法もあまり好きではありませんでした。
でも、月に50ページも描くのは大変だろうから、出版に間に合わせるためにそうしているのかもしれない。

ただ、人間がDMTを使って戦うシーンはあまりうまく描けていませんが、読んでいる人の目を狂わせるようなものではありません。

しかし、絵の欠点はキャラクター(人間)にしかない。タイタンたちは全体的にとてもよく描かれていて、いい意味で変わっています。
形や大きさもさまざまで、顔もほとんど違っています(ひげを生やしたタイタンもいれば、ぽっちゃりした不気味な顔のタイタンもいますし、中には悪そうな顔をしたタイタンもいます。

また、シナリオの画力も際立っており、今まで読んだ漫画の中でも間違いなく最高のものです。タイタンの話や謎解きなど、現在の優れた漫画の中でも最も曖昧でダークな作品であることは間違いありません。
しかし、作者がアシスタントにシナリオの一部を描かせたのかどうかは、いまだによくわかりません。仮にそうだとしても、例えば壁など、すべてのデザインに込められた作者の創造性は非常に素晴らしいものがあります。

謎が多いことが、この漫画を最大限に楽しむポイントだと思います。何が起こっているのかを知りたくて、もっともっと読みたくなるし、解決しないことが一緒に出てくると、もっともっと読みたくなるのだ。
漫画の最終章に到達し、どこかのウェブサイトに掲載されるのを1ヶ月間待たなければならなくなるまで。

他の多くのシリーズと違って、この楽しみはコメディによって作られたものではありません。このコメディは漫画全体にほとんど存在せず、コメディが発生したとしても、それはもちろん登場人物がリラックスできる最も穏やかな瞬間でした。通常、サシャがいるときは、シリアスな物語の典型的なキャラクターであり、他のキャラクターの緊張した雰囲気を少しでも和らげるために使われますが、同時にシリアスな瞬間もあります。コメディーがないからこそ、コメディーも面白いのだ。

総合評価:9.3/10
「進撃の巨人」は、この時期に発売された漫画の中で間違いなく最高の作品であり、私がこれまで見たアニメや漫画の中でも最高のストーリーを持っている。
この漫画の欠点はただ一つ、絵だ。誤解しないでほしいのですが、私は絵が非常に重要だとは思っていません。
しかし、壮大なストーリーと激しくテンポの速い戦いを描く漫画には、絵はほぼ必須です。それが漫画を台無しにすることは少しもなく、素晴らしいストーリーを提示しているからです。

その楽しさは傑出しており、キャラクターも非常に良く、私の知り合いでこの漫画を読んだ人のほとんどが、今の時代の最高の作品の一つだと言い、もちろん他の人にも勧めています。

最後になりましたが、私は皆さんに「進撃の巨人」を強くお勧めします。いつものコメディーや陳腐なロマンス、ナンセンスな戦いではなく、もっとシリアスなものを求めている人にも、少年漫画しか読まない少年少女にもお勧めします。少年漫画を読んだり見たりしている人のほとんどがこの作品を気に入ると思うので、ぜひ漫画を読んでみてください。

No.7 10点満点!
「進撃の巨人」は、つい最近、今シーズンのアニメとして放送が開始されたばかりで、今最も注目されている番組です。私はアニメが始まる1ヶ月ほど前に、どんなものかと思って漫画に手を出しました。
これまであまり多くの漫画を読んできたわけではありませんが、それでもこの漫画の素晴らしさについてレビューを書きたいと感じることができました。

この漫画のいくつかの欠点を述べてから、それぞれの部分を個別に説明します。
まず、この漫画のスタートは少し遅いです。
アニメとは少し違った時系列の流れになっていて、時間が飛び飛びになったり、フラッシュバックがあったりします。登場人物が次々と死んでいき、より強く、より重要で、より長持ちする人物に取って代わられるという展開に慣れてくると、理解しやすくなってきます。
この漫画が抱えるもう一つの問題は、膨大な数のキャラクターが登場するために、いくつかのキャラクターのキャラクター・デザインがかなり似通っていて、どのキャラクターがどのキャラクターなのかを忘れてしまうことがあることです。
この問題は、このマンガが重要な人物に焦点を当て、大量の死の餌食となるキャラクターを減らすようになると、最終的には解決するのだが。

プロット – 10/10
プロットは素晴らしい。すでにご存知のように、「進撃の巨人」のプロットは、100年以上もの間、3つの壁とその隣にあるいくつかの小さな集落の後ろに引きこもることを余儀なくされている人間についてのものだ。巨人とは、人間に似た形をしていて、3メートルから60メートル(メートル法を知らない人にはすごく高い)の大きさのものまでいる生き物です。何百年もの間、人間は巨人に突破されることなく壁の中で生き延びてきたが、物語はそこから始まる。

物語のメインイベントが始まる5年前のある日、3人の主人公(エレン、ミカサ、アルミン)が住んでいる集落の壁の外に60メートルの巨人が現れ、壁を突き破って小さな巨人を集落に入れてしまい、大混乱と大量の死をもたらします。何人かの人々はなんとか逃げ出したが、タイタンはすでに支配しており、人間たちは次の3つの主要な壁の後ろに退避させられた。そこから物語は数年前に飛び、主人公たちが軍隊に入り、卒業する頃になります。そこからが物語の本番なのだが、これ以上のネタバレはしない。5章ほどで本格的なストーリーが展開されていきます。今日、このマンガの44章に追いついたところですが、30章以降、特に40章以降、読者は大どんでん返しに見舞われることになります。これらのひねりは本当に不意を突かれますが、決して悪いものではありません。

アート – 9/10
前述したように、いくつかのキャラクターのデザインはどこか似ている。今のところ、茶髪と黒髪を区別するために、特に髪に色を加えているこのアニメは、この問題を解決しているように見えます。もう一つの問題は、いくつかの戦い、特にタイタンを殺すための主な武器である立体機動装置を使った戦いは、非常に激しく、これまでのアニメのように静止画では伝えきれないことが明らかになっています。
作画は相変わらず素晴らしいのですが、このようなアクションシーンを描くのは大変な作業です。しかし、キャラクターの感情を表現することには成功している。特に、彼らが恐怖を感じているときにはよくあることだ。

キャラクター – 10/10
最終的にこのマンガは、死に物狂いのキャラクターの数を減らし、素晴らしいキャラクターであるメインのキャラクターにもっと集中できるようにしている。
主人公のエレンは、数年前にタイタンが壁を突き破ったときに母親を失った復讐のために、すべてのタイタンを殺そうとしている少年である。
ミカサはエレンの友人であり、軍の卒業生の中で最も強い戦士である。
ミカサはいつもエレンの面倒を見ており、エレンを守るためにあらゆることをしている。
アルミンはエレンのもう一人の幼なじみです。エレンやミカサと違って、戦略を練ることには長けていますが、戦いは苦手です。
個人的にはアルミンが一番好きなキャラクターかもしれませんが、多くの人はミカサが一番好きだと思います。

他にも、何十体ものタイタンを一人で倒すことができる全軍最強の戦士リヴァイや、食べ物が好きで戦闘力も高いサシャ(通称「ポテトちゃん」)、徒手格闘が得意なアニ、筋肉質でいつもみんなを守りたいと思っているライナーなど、注目すべきキャラクターはたくさんいます。最初はあまり重要でないように見えるキャラクターもいますが、彼らの多くは隠し事をしていたり、44章の時点ではまだ完全には説明されていない過去を持っています。好きなキャラクターが死んでしまうと、そのキャラクターとの感情的なつながりに傷つくこともありますが、他のキャラクターは生き続けているので、彼らとの強いつながりに引き込まれ、あなたを驚かせてくれます。

楽しさ – 10/10
ここ数ヶ月、この漫画を少しずつ読んでいたのですが、今日は31章から44章までをほぼ一気読みしました。サバイバルホラーやアクション漫画が好きな人には是非お勧めしたい作品です。

No.8 10:


このレビューは第48章までを対象としています。
『進撃の巨人』は、人間が巨人と呼ばれるグロテスクな巨人に追い回されたり、食べられたりするというわかりやすいストーリーである。

しかし、このシリーズの最大の特徴は、単に人間が食われるだけではないということです。巨人はどうやって作られたのか、巨人の仕組みはどうなっているのか、巨人を操っているのは誰なのか、あの巨大な猿は何なのかなど、『進撃』には読み進めていくうちにいくつかの謎が絡み合い、11巻にも及ぶ無意味な流血劇ではないことが、このシリーズの人気を支えているのだと思います。

また、新劇には優れたキャラクター展開があります。良くも悪くも同じキャラクターはほとんどいません。それぞれのキャラクターには、それぞれのストーリーや個性があり、それを明らかにするのが上手いのです。

絵柄は豪華ではありませんが、このシリーズには合っていると思います。諫山創が美しいアートスタイルを使っていたら、気が散ってしまうと思うんです。

このシリーズが生々しすぎると感じている人にとっては、アニメではかなりトーンダウンしていると思います。

No.9 9点
「進撃の巨人」は、人類の大半がタイタンに滅ぼされてしまった100年後の人類の生存を描いた作品です。彼らは、タイタンを防ぐために高さ50メートルの壁に囲まれて生活しています。物語は、登場人物であるエレン・イェーガーとミカサ・アッカーマンに焦点を当てています。

「進撃の巨人」は、ドラマ、アクション、ファンタジー、ホラーなどが好きな人にぜひお勧めしたいオリジナルの漫画です。感情や雰囲気が素晴らしく描かれていて、ストーリーも本当に素晴らしい。必読です。
私は絵がとても好きで、巨人たちはとても奇妙で気紛れです。アートは人によって好みが分かれる。

No.11 9:
人間と巨人(身長4メートルから50メートルの巨人で、人間を食べるが、栄養のためではなく、ただ殺したり攻撃したりするのが好き)との戦いを描いた魅力的なホラー漫画。

このマンガは、家族が虐殺されるのを目撃した子供たちが、自分たちの領土を取り戻し、巨人を一掃するために兵士になる訓練をすることを誓うというストーリーです。
かなり笑える話ですが、実際には本当に怖くて、頭から離れませんでした。巨人の描き方も関係していると思いますが、巨人はバカでかい顔をした異形の人間のように見えますし(中には知性のある巨人もいますが)、巨人が人間を食べているシーン(巨人が人間を引き剥がしたり、頭から口に入れたり、真っ二つにしたりしている絵はとても不気味です)を見ると、とても怖くなります。

人間がいなくても何年も生きてこられたのに、なぜ巨人は人間を食べるのか、なぜ巨人の中には「逸脱」した知性を持つ者がいるのか、エレンの秘密は何なのかなど、マンガ家が掘り下げられるバックストーリーがたくさんありそうですね。この漫画のことが頭から離れません。早く続きが出て欲しいです!!!

No.18 10点

正直に言うと、私は以前「進撃の巨人」が嫌いでした。アニメが初めて公開されたとき、私はこのアニメに特別なものはないと思っていました。
退屈なキャラクターとおかしなアクションのゾンビもののシリーズに過ぎませんでしたが、今回は素晴らしいサウンドトラックとアニメーションがありました。しかし、今回はサウンドトラックとアニメーションが素晴らしく、ビジュアル以外には何もありませんでした。
しかし、4年後に第2シーズンが公開され、私は控えめに言っても興味をそそられました。登場人物の一人が、またしても人類の敵である「巨人」であることを明かしたのです。しかし、1stシーズンの物語のレベルから予想されるような、邪悪な笑い声や口ひげをくゆらせたりするのではなく、彼は…奇妙なことを言ったのです。兵士」であることに飽きた、バカな連中と一緒に過ごしすぎた、そして自分の義務を思い出さなければならない、と。そして、”戦士 “としての義務を忘れてはならないと。いったいどういうことなんだろうと思った。この漫画には、ただの巨大ゾンビ以外にも何かあるのだろうか?しかし、私は間違っていました。

シーズン3になって、より多くのことが説明され、断片がようやく絵を描き始めました-『SnK』の第1シーズンは、むしろ嘘、プロローグでした。私たちは皆、巨人が無限の危険をはらんでいて、「人類の栄光」だけが重要であるかのように思わされていた。

しかし実際には、このシリーズはより深いテーマを展開し始めていた。
こうしてSnKは、ゾンビをテーマにしたシリーズから、愛国心、外国人恐怖症、人種差別、どんな犠牲を払っても自由であることをテーマにしたシリーズに変わりました。今まで嫌っていたキャラクターが成長したり、ストーリーが発展したりすることで、諫山が意図していたものがようやく見えてきたのです。

エレンを見てみましょう。天真爛漫で、声が大きく、勇敢で大胆な少年漫画の主人公です。海賊王や大魔王になりたいと思うようなタイプ。青年漫画を目指していたにしては、信じられないほど冴えない、不十分な主人公です。

しかし、「地下室」の後、エレンの純真さや子供っぽさは、諫山氏が仕組んだトリックであることが明らかになった。エレンは、冷徹でシニカルなニヒリストに成長し、たとえ戦争犯罪を犯すことになっても、敵をすべて殺すことを望むようになった。
しかし、エレンは本当に何か変わったのだろうか?根本的には第1章から全く同じキャラクターなのです。変わったのは世界の情報だけで、それは「貝殻」のシーンで驚くほど描かれています。

自由の象徴だと思っていた海が、本当の敵から身を守るための鳥かごになっていた。彼はタイタンを頭の悪い怪物だと思っていたが、彼の「新しい」敵はタイタンとそれほど変わらず、もしかしたらそれ以上の怪物かもしれない。

他の個性のないキャラクターも、実は見事に明かされています。ライナーは普通のいじめっ子から鬱病の被害者に変わり、ベルトルトは明らかにやりたいことができず、アルミンはさらに鬱病に……全体的に、このシリーズはエッジの効いた少年漫画から完全に鬱病の経験に変わったのです。
諫山が最も得意とするのは、長期的なストーリーではなく、瞬間的なものを書くことだと思います。
政治に頼らない展開は、読んでいてとても楽しいのですが、問題は「よりリアルな」陰謀を展開しようとしたときに始まります。「蜂起」篇は、諫山が政治の仕組みをよく知らないため、おそらくシリーズの中で最悪の作品です。また、彼は様々なショートカットを使うのが好きで、重要なプロットの一部はストーリーを単純化するために存在しているだけです。要するに、「簡単すぎる」ということです。
しかし、先に述べたように、諫山が最も得意とするのは「瞬間」なのです。感情に溢れ、驚きに満ち、時には現状を変えることさえある。ライナーとベルトルトの対決のシーンは、今でも私が見たアニメの中で最高の演出の一つだと思います。

私がこのレビューを書いた主な理由は、MALの他のレビューの大半が5年前のものであるという事実です。そして、このシリーズがあと半年で終了することを考えると、1stシーズンしか見ていない人に実際に手に取ってもらうためには最高のタイミングだと思っています。
私を信じてください、それだけの価値がありますから。私は以前、SnKを現存する最も過大評価されたシリーズの一つと呼んでいましたが、今では(欠陥のある)傑作と呼ぶに近いものがあります。

No.19 1:

このレビューでは、漫画「進撃の巨人」のネタバレをします。私はこのシリーズをネタバレしない価値があるとは思っていませんが、多くの人がそう思っているのは明らかなので、注意してください。また、「ベルセルク」や「コードギアス」との比較もしますので、読者の方はそれらにも精通しているか、あるいはそれらのシリーズのネタバレを気にしないことを期待します。

『進撃の巨人』は、おそらく2010年代を代表する大ヒットシリーズであり、人気のピーク時には、多くの人にとってアニメや漫画の代名詞となっていた。
この成功には様々な理由があります。前提条件が視聴者にとって魅力的で、巨大な脅威であるタイタンと戦うというアイデアは、多くの人々を魅了し、閉じ込められたり奴隷にされたりする感情を簡単に共感させるものでした。
これに加えて、宗教、王室派閥、軍事的要素など、政治的影響力を求めて争う無数の組織と、タイタン自身に関わるより深い陰謀を示唆する様々な謎や小ネタが加わっていた。これらのすべてが、最終的にはブレーキが外れ、物事がロケットのような速さで前進するという展開になっている。

このような状況にもかかわらず、『進撃の巨人』に対する意見は常に対立しており、ある人は「スライスパン以来の最高傑作だ」と主張し、ある人は「シリーズは飛躍した」と主張しています。では、どこで “飛躍 “したのか。エレンが巨人であることが明らかになった時でしょうか?クーデターの時ですか?ウォール・ローズの戦いの時か?タイムスリップ後のコンテンツ?実際のところ、これらのすべてが答えです。

進撃の巨人』は常にゴミのようなシリーズでした。文章力はないし、キャラクターはお粗末で当たり障りのない典型的な集合体だし、テーマは一貫性がなく、あちこちに散らばっているし、何より、物語の広がりに投資していない人にとっては、絶対に退屈な読み物だ。

『進撃の巨人』のアートワークは最悪です。
この作品が週刊誌ではなく月刊誌であることを考えると、さらに驚くべきことに、キャラクターのデザインはすべてかなり下手です。多くのページがまるで未完成のスケッチのように描かれており、プロポーションや陰影、位置などに常に間違いがある。これは特に戦闘シーンでひどくなり、これらの欠点がさらに強調され、表面的な面白さがないシリーズになってしまっている。
これは明らかに意図的なものではない。あるシーンでは明るい目をしていたキャラクターでも、次のシーンではなぜか文脈上の理由もなく、目が死んでいるのだ。最後の方では背景の絵がかなり良くなっていますが

しかし、このマンガは最初から最後まで、見るからに醜いマンガだった。見開きのマンガは、話者が視聴者のため以外の理由もなく情報を説明する、長くて退屈な説明的シーンほど一般的ではない。

説明的といえば、このシリーズの信じられないほど疑わしい脚本について説明しよう。
この脚本のひどさを説明するのは難しいが、それに加えて、物語のテンポが悪い。
「進撃の巨人」は、一貫した方法で物語を語ろうとはせず、常に時代を飛び越えていくことを選んでいる。
物語の長い長い長い期間は、壁の中の地域的な地政学について描かれているが、一貫した政治的イデオロギーについては何も言及されていない。

漫画の中盤にある悪名高いクーデター編は、特にこの問題を引き起こしている。
信じられないほど浅い悪役が登場し、物語はその悪役に焦点を当てているが、視聴者に悪役であることを強調するだけで、ほとんど意味のある特徴を与えていない。
これは物語のテーマのひとつを考えるとより大きな問題だが、いずれにしても、このマンガの政治描写は退屈で面白くなく、シリーズの大半で対立をニュアンスのない白黒で描くことが多い。このシリーズでは、物語のこの部分を徹底的に引き延ばしている。章全体で特筆すべきことは何も起こらないことが多く、ランダムな2人の脇役が突然中心人物になったり、中心人物に意味のある好ましい敵役がいないために争いがつまらなくなったりしている。

特に最終章がこの漫画の一部の読者に嫌われている大きな理由の一つは、そのテンポの速さにある。小ネタが導入されては無造作に削除され、あまり特徴のないキャラクターが突然登場しては、その存在が物語に不可欠であるにもかかわらず、後になって棚上げされる。

エレンは画面外で大きな変化を遂げ(これについては後述します)、彼の行動には意味がありますが、それにしても違和感があります。
最初の章では、調査兵団の一人が、亡くなった人の母親に「息子の死は無駄だった」と叫ぶという、笑ってしまうほどくだらないシーンがありました。
このような台詞は「進撃の巨人」の随所に散見され、人間同士の会話を理解していない滑稽さを物語っています。エレンがその典型的な例で、これには物語上の目的があり、それは物語の後半で明らかになりますが、キャラクターが文字通り情報や感情を叫んでいるような、信じられないほど愚かな会話がたくさんあります。また、このシリーズは技術的な面でも絵が下手なので、感情的になろうとしても過剰な表現のために挫折してしまうシーンが多いのも事実です。

『進撃の巨人』では、テーマが興味深い問題です。
物語は基本的に、生存に必死な人間と、人類を食い尽くす怪物であるタイタンとの二項対立で描かれています。この視点はタイムスリップの前に反転します。
キャストが島を解放した後、海にたどり着いたエレンが「敵はいるのか」と世界を指差すという有名なシーンがあります。
これが「進撃の巨人」の核となるテーマである。

エレンはサイコパスであり(子供の頃に躊躇なく2人の人間を殺した人間を他の人間とは呼べないが)、世界を笑ってしまうほど白と黒に分けて見ている。彼のタイタンへの憎しみは、彼の民族グループであるエルディア人が、ユミルの子孫でありタイタンの力を持っているという集団的な罪のために死に追いやられた世界全体へとシフトしています。

このキャラクターの変化は突然のものですが、それでも興味深いもので、世界がエルディア人を抑圧しているにもかかわらず、エルディア人がエレンによって戦わされているというこの設定における道徳の問題は、文字通り世界的な大虐殺を手段として信じている男の、灰色の対立の中にあるように見えます。
私が面白いと思ったのは、ライナーとエレンが会っているときに、エレンが「自分が起こした惨劇をライナーのせいにしない」と言い、ライナーが「自分が作った怪物に怯えている」と地面を見つめているシーンです。『進撃の巨人』には興味深いアイデアが随所にあり、その実行力もなかなかのものです。

しかし、残念なことに、キャラクターの書き方が下手なために、その妨げになっています。
『進撃の巨人』のキャラクター・ライティングは、全体的にお粗末です。
このシリーズでは、存在感の薄いキャラクターを読者に気にかけてもらうことを期待し、ショックバリューのために無謀にも殺してしまいます。
例えば、2回目のタイムスリップでは、エレンたちが壁の内側で難民となり、訓練を受けた兵士になった後、数年後にタイムスリップします。キャラクターが登場し、数行のセリフがあったかと思うと、再び超大型巨人が現れ、ほとんど誰も覚えていないし、気にも留めていないキャラクターが大量に殺されます。

そして、超大型巨人が再び現れ、ほとんど誰も覚えていない、気にも留めていないキャラクターを大量に殺すという繰り返しです。

さらに滑稽なのは、アニメとは異なり、漫画では壁が壊される前ではなく、壁が壊された後に、登場人物たちが一緒に兵士になるための訓練をしているフラッシュバックを挿入していることです。このような不可解なペース配分は、「進撃の巨人」のいたるところで見られます。キャラクターが死ぬ直前に、キャラクター性や輝く瞬間があることが多いのですが、それが強引で、予測可能で、キャラクターの死が起こる前に簡単に予測できるようなハンディキャップがあります。

ハンネス、エルヴィン、ハンジ、ペトラなどはすぐに思いつく例ですが、私が笑ってしまったのは、シリーズのファンが常にシリーズ最強の章の一つとして紹介している、100章で死んだ政治家です。彼は紹介され、自分を犠牲にする理由を述べた後、すぐに死んでしまいます。これは、良い、書き方では、ありません。

この作品は、キャラクターに意味のある特徴を与える方法を知らないため、最低限のことしかせず、すぐに殺してしまうような戯言です。

もうひとつの問題は、物語の枠外での主要キャストのキャラクター性の低さだ。

例えば、説明の場面では、登場人物たちが常にお互いに声を掛け合ったり、普通に会話をしたりするものだと思っていたが、そうではなく、説明が無味乾燥に行われたり、フラッシュバックで「ああ、登場人物たちはずっとお互いを知っていて、気にかけていたんだな」と語られたりすることで、物語の中での急な関連性や感情移入を正当化している(クーデター編でのユミルとヒストリアのフラッシュバックは、特にこの問題のひどい例だ)。例えば、アルミン、ミカサ、エレンの3人は、お互いにほとんど感情移入していないにもかかわらず、2人の関係は鋼鉄よりも強いものであるかのように描かれているが、その証拠は何もない。

明らかに、エレンがアルミンのために自分を犠牲にすることで、恐怖を感じるように仕向けられているのだが、まだ数章しか経っていないのに、どちらのキャラクターも気にする理由がない。

ミカサのフラッシュバックはエレンとの関係を正当化するものだが、この恋愛サブプロットは二人のキャラクターにとって非常に重要なものであるにもかかわらず、二人の相性はゼロであり、限られた物語の範囲外での交流はほとんどない。
リヴァイとハンジは唯一の例外で、物語の枠を超えてお互いに交流するシーンが多かったが、それもエルヴィンの存在によって妨げられている。

エルヴィンの唯一の物語上の役割は、「ベルセルク」のグリフィスを黄金時代編でディスカウントすることであり、偉大な目標を達成するために必要なプラグマティズムをめぐる同じような展開をし、周囲のキャストから崇拝されているキャラクターである。では、なぜグリフィスは成功し、エルヴィンは失敗したのでしょうか?

エルヴィンにはミバエのようなカリスマ性があり、唯一の真の戦術は戦いで無意味に人を犠牲にすることだが、彼が歩く地面は周囲の人々に崇拝されている。

そのため、グリフィスよりも軍国主義的になっています。このことは理にかなっていますが、彼は実用主義とストイックさだけが特徴の、笑ってしまうほど平坦なキャラクターです

一方、グリフィスは、すぐにカリスマ性を発揮し、どこまでも独占欲が強く、復讐心が強く、プライベートではむしろ遊び心があり、戦闘や政治に対するアプローチは非常に知的でありながら、どんな犠牲を払ってでも成功しなければならないと自覚しています。

彼の犠牲に対する考え方は、自己犠牲だけでなく、自分自身の感情へのアプローチにも及んでおり、自分がどれだけ犠牲になっているか(金持ちの領主にレイプされるのを許すことも含めて)、しばしば気分が悪くなりますが、それでも頑張ります。

それに比べてエルヴィンは……たまに戦闘中に叫んだりするのかな?隊員との関わりもなく、存在感を示すこともなく、それはリヴァイに任せている?兵士を死なせてしまっても、そのことで兵士から軽蔑されたり恨まれたりすることはないのか(クーデター編で政府が腐敗していることを理由に同情されるような見せかけの裁判の時だけはあるが)

シリーズ後半になると、キャラクターの書き方が急激に変わり、重要だと思われていたキャラクターの関係が、特に理由もなく途中で終わってしまう

マルコの死は大きな悲劇のように扱われているが、彼の死の背景はシリーズ後半になって明らかになり、彼の存在した時間が短かったために感情移入の可能性が失われている

サシャは殺された後、コメディシーンでフラッシュバックし、常に言及されていますが、特徴的な部分は物語の序盤での彼女の食習慣と村を救ったことだけです(彼女が殺され、彼女を殺した人物が自分の理想の悪さに直面しなければならないときに、物語的に関連性が出てきます)。

リヴァイは、物語のほとんどの部分で主要な登場人物だったのが、脇役になってしまう。



ヒストリアは、エレンの計画をサポートするために進んで妊娠させられ、それ以前にはユミルに恋心を抱いていたのに、エンディングでは子供の世話をして幸せそうにしていたり、画面外で結婚していたりして、彼女のキャラクター・アークはクーデター・アークとは無関係のままで、考えられるあらゆる点で完全な失敗に終わっています。

言及するだけでファンが100万個に分裂してしまうようなキャラクター、エレンほど言及する価値のあるキャラクターはいないでしょう。

エレンのキャラクター・アークは、「進撃の巨人」の最良の点でもあり、最悪の点でもある。狂気への転落は画面外で起こるが興味深いし、エルディア人を虐げた者たちを大量虐殺することで仲間のために世界を良くしようと画策し、かつて戦った怪物そのものになっていくのも興味深いキャラクター・アークだ。

アルミンやリヴァイを筆頭に、エレンは周囲の人間のために世界を良くしようと目につくものを裏切っていくため、登場人物たちはしばしばエレンを批判する。エレンの問題点は、彼が策士であるということではなく、彼の周りにいる人間が皆、彼の計画を理解しないで、滑稽なほど簡単に回避できる方法があるにもかかわらず、それを理解しない馬鹿者であるということであり、設定や表現と実際のシリーズで起こっていることとの間に深刻な衝突が生じている。

エレンがマーリーへのテロ攻撃を計画する際には、子供を使って仲間に応援のメールを送り、エルディアの自由のための闘争を開始することが重要だったが、マーリーは大量虐殺を行う独裁国家として描かれており、エルディア人は子供が警察に「親は国家にとって危険な存在だ」と言っただけで逮捕されてしまうほど、気が狂っている。

しかし…エレンが何十通もの手紙を送っているにもかかわらず、警察はなぜか頻繁に郵便物をチェックしないのです。そして、このような文章は、「進撃の巨人」の最終章の全体を悩ませ、ますます愚かさを増し、最後の数章では、冗談のように笑ってしまうほど非道いものになってしまいました。

他にも、無意味なタイムトラベルの仕組み、巨人の力、歴史修正主義、記憶の消去と上書き、もちろんそれがこの物語に登場する全員がバカであることの説明になるからだが、エルディア人が平和に暮らせるように、エレンが仲間のために自分を犠牲にすることなど、この物語を取り巻くバカさ加減は……あ、そうだ、このクソゲーの結末についても語らなければならないな。

そう。エンディング。
一つは、エレンの死が、彼の行動の大きさにもかかわらず、エルディア人が祖国での迫害から解放されて平和な生活を送れるようになったことで、物語的に美化されていること。犠牲になったのは、巨人化できるキャラクターたちが数年後には死ななくなり、全員が強制的にハッピーエンドになったことだが、率直に言って、彼らのほとんどは自分の行動の後では相応しくないだろう。

この作品とコードギアスの結末が比較されているのを見たことがあります。知人によると、ルルーシュがTwitterのトレンドになっている国もあるそうですが、不思議なことに誰もルルーシュとエレンの特徴の違いを論じていません。ルルーシュは世界的な大虐殺をしようとはせず、学校での友人との関係に関わるキャラクターが多かった。

ルルーシュの内省的で思いやりのある性格は、友人と接しているときによく見られたし、彼の危険な行動は、私生活で人を危険にさらすことに止まることが多かった。

彼は政治に強い関心を持っていたが、政治的道具として育てられ、母親が亡くなったときに捨てられたという背景から、周囲の人間に対する不信感を持っていたにもかかわらず、自分の生い立ちを軽蔑し、父親の社会的ダーウィニズムに対するイデオロギー的な立場から、友人を信頼するためにわざわざ行動することが多かった。
普通の人としてのルルーシュの姿が多く見られるのは、彼に共感しやすくなるという点で重要だ。

「コードギアス」の最後でルルーシュが犠牲になったのは、自分の味方と誤解されないように、自分の大切な人たちを罰して、自分の死後も自由に生活できるようにするためだった。それに比べてエレンは、友人たちが大規模なテロ攻撃に協力したことで、犯罪者の烙印を押され、彼の死後も戦争が続くことになった。

それに比べて「進撃の巨人」では、エルディア人はかつてないほど嫌われており、主要キャストが死ななかったのは……巨人でなくなったからだという。
驚きです。エレンが環境を破壊し、世界の大半を無意味に殺害したにもかかわらず、その死がロマンティックに語られるのは、彼が友人のためにやったことだからです。確かに。

では、このレビューを締めくくりましょう。アタック・オン・タイタン」は絶対的な大惨事のシリーズである。

まともなアイデアが、ひどい実行力、嫌われ者のキャラクター、ひどく無意味なテーマ、ひどいテンポ、そして「ブリーチ」に匹敵する唯一の受け皿である大惨事のエンディングによって影を潜めている。この作品は決して良いシリーズではなく、支離滅裂な作品であるにもかかわらず、これほどまでに高い評価を受けているという事実は、私にとって非常に不可解なことです。
このシリーズが好意的に受け止められているのは、最近の記憶の中で最大級の列車事故であることに疑いの余地がないシリーズ自体の良さよりも、スタジオ・ウィットによる原作の優れた翻案に関係していることは間違いないだろう。

言いたいことは山ほどあるのですが、この機会に、「進撃の巨人」ファンの方で、なぜかこのレビューを読んでくださっている方にお話ししたいと思います。もし、最後まで読んでくださっていて、私のレビューを否定していなければの話ですが。

広告

 進撃の巨人海外の”否定的”な反応と評価

No.20 5点だね。
漫画版「進撃の巨人」に10点満点の評価が多く寄せられているのを見て、私は非常に興味を持ち、私が漫画を好んで読んでいた頃のことや、漫画が私を失った時のことを考えてみました。
まず第一に、「少年」とは若い男性を対象とした人口統計であり、あなたが通常言及しているものとは何の関係もありません。
第二に、様々なジャンルの「青年」漫画(つまり、大人の男性を対象とした漫画)の中には、同じような欠点を持った作品がたくさんあり、より「大人」に見えるように安っぽい衝撃値やゴアに頼りすぎているからです。

世界は残酷で、設定は面白くて創造的で、進撃の巨人は昔も今もとても怖くて不気味で、人間の欲と無関心の結果を見ることができて、それは良かったです。
しかし、時間が経ち、芸術や文章について学ぶにつれ、この作品のいくつかの欠点が目に付くようになってきました。

以下で解説していきます↓

ストーリーの悪い点悪い点
ストーリーは非常に雑で、最初から可能性を秘めていましたが、諫山氏は様々な場所に行き、全てを計画していなかったことは明らかです
彼の伏線は実際の「伏線」ではなく、「後で何に使おうかと考えるために、これを未解決のままにしておく」というもので、この未解決の部分が後に自然な形で結ばれていれば、問題はありませんでした。
最初はサバイバルものだったのが、(ほとんど)放り出されて政治的な内輪もめに変わり、さらにタイムスリップ後には、かなり奇妙で無責任にセンスのいい歴史的象徴を使ったものにガラリと変わる。
また、物語の他の側面も適切に処理されていません。例えば、電力システムは完全に複雑で、説明が不十分で、新しいルールがいきなり導入され、そのうちのいくつかは便宜上二度と登場しません。

また、重要なポイントが画面外で解決されてしまい、インパクトがなかったり、テンポが悪かったり、常に誤謬のルートを辿っていたり、台詞の書き方が悪かったり、「見せない、言わない」というアプローチを無視した個性の乏しい文章がたくさん出てきたりします。

また、何が起こっているのか、キャラクターが何を話しているのかを理解するのがかなり困難になっています。
人は通常、複雑すぎるためにそのようになっているのだと言い、「後で説明される」のではないか、「ミステリー」なのではないかと言いますが、このような感覚がずっと続くと、作者がストーリーテラーとして優れていないことが明らかになります。

氷と炎の歌」や「ブレイキング・バッド」のように、ダークでありながら人間的な領域に踏み込もうとしているのに、作者にはそれを深く意味のある形で実現するスキルがないのです。

また、この漫画のメインテーマではないのですが、諫山はとにかくジョークを使っています。笑えるほど上手ではないし、分かりやすくもないし、時には相応以上のコマ数を使っていて、一度も笑えなかった。

芸術…芸術は…悪い。
その奇妙なアートスタイルは、タイタンの不気味さによく合っていて、その点は評価できるのですが、多くの場合、もっと問題があります。
パネリングがひどくて創造性に欠けていたり、キャラクターのデザインが表現力に欠けていたり(ニュアンスのある表現だからと思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません)、キャラクターを別のキャラクターと間違えやすくなっていたり、キャラクターの体の表情やシルーエットの違いがわからなかったり、構図が乱れていたり、キャラクターの顔の特徴やプロポーションが一貫していなかったり、などです。

背景を褒めることはできても、この部分は正直アシスタントが担当していてもおかしくはないと思います。

キャラクター平凡
ほとんどのキャラクターは、世間で言われているような深みのあるものではないですね。
なぜそんなことがわかるのか?各キャラクターの特徴や癖、バックストーリー、欠点や長所、目標などを説明するDndのような紙があったとしても、各キャラクターについて語ることはあまりありません。
エレンは復讐をしたい一人の人間であること(そして、スイッチを入れるとさらに復讐心が強くなる)以外にはあまり語られることがなく、リヴァイはエッジが効いていてワルだが(それは認める)、それだけで、ミカサはただ…本当に一人歩きしていて、アルミンは賢くて慎重な人、などなど。

敢えて良い例を挙げるとすれば、エルヴィンは良い形で終結したし、ジャンはかつて最も面白いグレーのキャラクターだったし、ライナーは現在のところ(タイムスリップの後だけに)最もよく成長したキャラクターだ。
しかし、彼らを除けば、一般的なキャラクターは、ギミックが多く、面白くなく、うっとうしく、ニュアンスがありません。

彼らの死に人々が衝撃を受けるのは、それが陰惨なものであり、人々が生きたまま食われるという考えにショックを受けるからであって、キャラクターが「ブレイキング・バッド」や「ゲーム・オブ・スローンズ」のようなレベルのキャラクター性を持っているからではないでしょう。

しかし、作者がキャラクターを殺して私たちに同情させようとするとき、彼は私たちに同情させる方法を知っていますし、それを実現するためにどのようにプロットを構築し、ピースを動かすかを知っています。同じことがハンターハンターや鋼の錬金術師といったマンガにも言えます。

「少年」であるがゆえに過小評価されがちな物語のもう一つの例です。

楽しさ は高いね。
興味深い設定とコンセプトを持った作品で、完璧ではありませんが、進撃の巨人ダイナミックスの活躍を見るのは楽しいので、諫山氏には若干の高得点を与えます。

諫山氏にはその点を評価したいと思います。私が不満なのは、他の問題がこの作品を低下させていることです。

もし、他のマンガ家が「進撃の巨人」の第1章以降を独自に制作していたら、どうなっていたか想像できます。

三浦建太郎の作品を想像してみてください。

総評(平凡な評価
面白いコンセプトと野心的な作品ですが、先ほども言ったように、今までとは違うことや、今まで見たことのないような大人のモラルに反するテーマを扱っていることに感動しても、それは同じ企画の中で作られた他の作品を読むまでのことです。
その時点で、見なかったテーマに感銘を受けるだけではなく(最終的には100%新しいものは何もないことに気づくでしょうから)、見られなかったテーマよりも実行力が重要になります。だからこそ、進撃は私が思っていたほど素晴らしいものではないと思います。

No.12 6:
『進撃の巨人』はファーストフードのようなものです。アツアツのうちに楽しんでください。読んでいる最中に考えたり疑ったりしてはいけない。ただ読み進めて、アクションや筋書きのねじれや死を楽しむのだ。あまり時間をかけて読んでいると、プロットが無意味なものになってしまいます。
『進撃の巨人』は非常に楽しい作品です。ファンサービスに気を取られることもなく、30章にわたる戦闘シーンもなく、友情の大切さなど少年漫画が崇拝を強いるようなゴミを引きずることもありません。殺すか殺されるか」という視点で、ひたすらアクションを展開しています。戦いはスリリングで、死は感情的で、プロットのねじれは意外で、設定はミステリアスです。

この漫画では、人間は脆く、堕落し、欲深く、そしてほとんどが利己的であるという現実を維持しようとしています。
それがこの漫画のセールスポイントだと思います。
一般的なマンガでは、口からビームを出すキャラクターが登場しますが、このマンガでは、人間が見えないわけではないことを実際に示すアクションマンガです。
登場人物がメジャーかマイナーかは関係なく、死は避けられない運命であり、マンガ家は迷わず登場人物を殺します。死は美化されるものではなく、甘美なものでもなく、楽しいものでもなく、兵士にとっては絶対に歓迎されるものではありません。戦場での死は重要ではないと考えることで、楽しさがピークに達するのです。

戦争は続き、失われた人は補充される。ある者は悲しみ、ある者は忘れる。

しかし、悲惨な生存率の中で戦う勇気は本当に英雄的であり、主人公たちが勝利を手にしたとき、それを実感することができます。『進撃の巨人』のこの部分は、死や人間性、そして犠牲についての鋭いディテールを楽しむことができるのだと思います。

さて、「できるだけ早く読んでください」と言いました。なぜ? プロットがめちゃくちゃだからです。独創性と論理性に欠けている。怪獣が人間を侵略し、怪獣と怪獣を戦わせるというのは、『クレイモア』のコピーです。どれだけ古いシリーズから借用しているかは悲しいことだ。腐敗の概念、ミステリアスな設定、壮大な陰謀はすべて『クレイモア』から来ています。『進撃の巨人』が『クレイモア』から借りた(コピーした)ものを挙げていけばきりがありませんが、それは残念な体験になるでしょう。

もう一つの問題点は、プロットのテンポと説明が一貫していないことだ。作者は1つのストーリーに多くのアイデアを盛り込もうとしたため、大混乱に陥っています。矛盾した説明をしたり、いきなり説明をしたりするようになってしまった。そして、各章が進むにつれ、面白いことはキャラクターの死だけになっていく。

登場人物も、物語自体と同様に、コピーです。権力を持った熱血漢が、父親と関係のある陰謀に満ちた組織の天才的な中尉の下で、幼馴染の助けを借りて目標に向かおうとする……そう、「鋼の錬金術師」の再来である。ただ、彼らについて語ることは何もなく、オリジナリティも全くありません。

10点も9点も8点もつけられない。創造性もなく、独創性もなく、知性にも溢れていない。何の新しさももたらさない。「クレイモア」と「鋼の錬金術師」をミックスして、黙示録的な設定にしたような作品です。7点の資格もありません。でも、楽しいですよ。読んでいて楽しいのです。暗いテーマを描こうとする作者の努力を評価したいし、それをうまく実行している。そして、スケッチのような、ユニークな、萌えない画風で、作者はちょっとした賞賛に値する。

私が言ったように、早く読んで、強烈な設定とアクションを評価してください。紆余曲折した展開を堪能してください。タイタンとその行動に圧倒される。犯人が気になったり、陰謀にワクワクしたり。何も考えず、何も比べず、それがこの漫画を楽しむ一番の方法だと思います。

No.3 3:
この『進撃の巨人』は、限られた技術と資源の中で生き残ろうとする人類の物語から、マーベルのアベンジャーズのタイタン戦争の本格的なスピンオフになりました。
進撃の巨人に夢中になっていた要素はあっという間に失われ、その時点で私の興味を保っていたのは、巨人の謎の「理由」だけでした。その展開は、物語の最初の部分から求められていた宇宙とはあまりにもかけ離れていました。

さらには、タイムトラベルや魔法(としか言えない謎の力のことね)の起源などの説明不足もあり、その一部(ユミル)が説明されても、中途半端な裏話にしか思えませんでした。

キャラクターも精彩を欠いており、特にエレンとその仲間たちが目立っています。何年も巨人との戦いに身を投じてきたにもかかわらず、彼らはいまだに軍団に徴兵された無知な農民のように振る舞い、感じています。

唯一の良い点は、たまにあるアートです。

No.10 1:

正直言ってひどい。最後の数章で、9点満点だった評価が1点に下がってしまいました。SPOILERS!!!! エレンが「ミカサに自分以外の人を好きになってほしくない」と言った場面が評価を下げました。また、彼が反対していたこともすべて実行しました。みんな彼をヒーローだと思っていたが、最後は悪役だった。確かにヒーローや悪役というのはかっこいいと思いますが、彼はマジでどうかしています。みんなが落ち込んだまま死んでしまった。みんなが彼を支持していたのに、自分が反対していたことの裏に彼がいたことを知ったんだ。文字通りのクソだ。

No.13 1:
この漫画の何巻かを買った人や、11年間この漫画を追いかけた人。
私はあなたに同情します。
『進撃の巨人』は最終章まで傑作だったのに、そこから何年もかけてこのクソキャラになったことで、全てがドン底になってしまった。そうですか?また、ユミルは自分を拷問して奴隷にした人を「愛した」のか?
エレンは素晴らしいキャラクターでしたが、結局は同性愛者だったのです。
何年もかけて作った作品を1章で終わらせるなんて、怒りを通り越して呆れてしまいます。これはかなりの文章力が必要です。
そして、AOTファンの中には「でもYAMSは最初から計画していたんだよ」という人もいます
お願いだからやめてくれ……このシリーズ全体がどれだけひどいかは否定できないんだ。

No.14 1:
私は、作者が選んだストーリーの方向性に共感できることを考えると、レビューを書くことはありませんでした…今まではね。もし2週間前に、私が大好きなアニメである「進撃の巨人」や「Dr.STONE」に1点の評価をつけると言われたら、精神病院に連絡して書類を書いてあげたでしょう。しかし、後から振り返ってみると、この漫画が本当にゴミのようなものであることに気づいたその人に拍手を送りたいと思います

簡単に言えば、「アタックオンタイタン」の1章は、ワンピースや銀魂、斉木など、今まで見てきたどのアニメよりも笑わせてくれました。私は真面目になろうとしましたが、これはジョー・バイデンが私に仕掛けたイタズラだという考えを捨てきれませんでした。バイデンは、この地球上で最も意図せずして面白く、最も愚かな存在です….、かつてはそうでした。そのタイトルは、唯一無二の諫山創に引き継がれていた。

私はかつて、「一冊の素晴らしい本が人生を変える」という言葉を聞いたことがあるが、『進撃の巨人』はまさにそれを実現した。夢を追い求め、人生の感覚を愛していた私を、売れ残りのバムである諫山と同じ惑星にいないという単純な事実のために、自殺してしまいそうな男に変えてしまったのだ。

この男は、私がこの章を読むのにかかった6分間のうちに、最も完璧なアニメの一つを虐殺した。この男は123勝0敗の後、2勝15敗となったが、これは簡単にできることではない。登場人物全員の信念に反するような、まったく無駄な結末を作るために、10億円ものお金を払うことはできないだろう。

もしあなたが朝起きて、「ねえ、今日は一日を無駄にしたい」と言うのであれば、この漫画はあなたにぴったりです。この11年間、視聴者の時間を完全に無駄にした諫山は、世界中の負け犬たちのために売られたのだ。私はこの信念を強く持っていますが、いつでも議論することは可能です。私のアニメリストはワンクリックで見ることができますので、メッセージを送ってください。

No.15 1:

いい終わり方なのか悪い終わり方なのかわからない、ただの終わり方なんです。

実際、この『進撃の巨人』のメッセージの多くは未解決のままであり、「主人公」の成長は無意味なものになってしまいました。

私は混乱していて、何年も違う漫画を読んでいるような気がしています。以上、この作品を嫌いになったわけではありませんが、同じように見ることはできなくなります。

No.16 2:

神様、なんて時間の無駄なんでしょう。この作者は、登場人物やその動機、世界の構造など、自らの創造物を破壊してしまったのだ。139章は、彼の本当の才能が明らかになった場所である。駄作というやつだ。この番組は誰にも勧められません。

この章の前までは、主人公たちに共感していました。エレン、ヒストリア、ミカサ、アルミン、ライナーでさえも。今では全く気になりません。

また、この作者は重要な章をカットしてトイレに流してしまったのではないかと感じました。どうやら、サウナを開くというアイデアが、ここ数年の彼の頭の回転を鈍らせていたようだ。サウナを所有することが、彼の執筆活動の終了と同様に不幸なことであることを願っている。

No.16 1:

私の息子がどうやって虐殺されたか見てください。

登場人物は135章までは良かったのですが、最後の2章まではストーリーが際立っていました。私はこのシリーズが大好きでしたが、それが台無しになりました。

アルミンとミカサは最近の少年漫画の中でも最も出来の悪いキャラクターだと思う。彼らはエレンをスケープゴートにした。
エレンの人格形成を1つの章で完全に台無しにしてしまった。私が嫌いな漫画やアニメでも、このような結末は望みません。これはSNKを最初から読んでいたファンにとってはとても残酷なことです。新章は、史上最高の少年漫画シリーズの完璧なエンディングになる可能性を秘めていました。ユミルは可能性を秘めた捨てキャラでした。エレン兄さん……失った。

広告

まとめ:進撃の巨人漫画は意外と絵を嫌う人がいる

意外と思ったのは進撃の巨人の絵が気に入らない、ストーリーが稚拙だという人がいたことですね。超偏見ですが、海外では日本の漫画は100点満点で受け入れられているのかと思っていたので(すみません)一般読者のレビューを探し回ってみましたがかなり長文で言いたいことをはっきりと言う方が多く嫌いな点は嫌いだとはっきり言う方が意外と多いのが印象的でした。

やはり海外の読者のレビューは面白いですね。

今後も日本の漫画は海外でどのような評価をされているのか?を紹介していくので楽しみにしてくださいね。

その他の海外の反応はこちらをどうぞ全部見応え抜群です↓

広告



シェアしてみんなで盛り上がりましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。