漫画『ハコヅメ 交番女子の逆襲』は何巻まで出ているのか?外伝も読むべきか?

ドラマもアニメも絶好調の原作漫画『ハコヅメ 交番女子の逆襲』は何巻まで出ているのか?を解説。ハコヅメ別章アンボックスはどのタイミングで読むべきなのかも解説!

スポンサードリンク




漫画『ハコヅメ 交番女子の逆襲』は何巻まで出ているのか?

ハコヅメ交番女子の逆襲は2022年1月時点で19巻まで既刊。2022年2月22日には最新20巻が発売されます。

川合ディスも相変わらず。

19巻は相変わらずのメンバーで「男の後輩に一番モテるやつは誰だ選手権」からの、警察の集金話は気楽にみんなで集金しているはずが毎回金額が違ってしまい1円でも間違えば横領扱いされて懲戒免職されるために”上手に収支を合わせる”ことを始めていたり、女性警察官が結婚するとどうなるのか?結婚しなければしないで五月蝿いことを言われ、結婚すると育休の皮肉られ、仕事したら子供かわいそうと言われるリアル。個人的に一番ツボだったのは警察官と痛風話。めちゃくちゃカッコつけた人たちが痛風になるところは大笑いしてしまいました。

もののけネタをしれっと仕込む天才作者。

藤と源が最終した精液を乾燥させている部屋で仮眠取った話、スリを捕まえる話。相変わらずの警察官内部あるあるをリアルに描いており、1巻から全くテンポが変わることなく楽しむことができる19巻となっています。

amazonでハコヅメ20巻を見る

ハコヅメ交番女子の逆襲を半額で読むならebookがお得

広告

別章アンボックスとは?読むべきか?

突然ですが、「ハコヅメ 別章 アンボックス」には読むタイミングがあります。

アンボックスだけで楽しむことができる内容になっているのですが、この「アンボックス」は17巻を読み終わってから続けて読むことをお勧めします。

17巻では「町山市における死体遺棄事件」についてのファイルを警察官学校の校長となった川合が事件の話をするか迷うシーンで終わりますが、「アンボックス」では「死体遺棄事件」の事件発生から解決までが収録、18巻では死体遺棄事件からしばらく経った町山警察署の日常が描かれています。そのため、17巻から18巻を続けて読むと、読めると思っていた事件が解決後の日常に戻っているためあれ?あの話はどうなったの?となってしまいます。

外伝にした理由は「全体的にシリアスでギャグ要素が排除されているから」と思われます。いつもの感覚で読みに行くと流石のストーリーテラー秦先生、期待を良い意味で裏切る展開の数々に読む手が止まらなくなります。が、若干胸糞悪いオチになっているので閲覧には注意が必要です。

興味があるなら、17巻と18巻の間には面白い外伝があるよー程度の認識で大丈夫ですよ。

広告

まとめ:ハコヅメは2022年2月に最新20巻発売!外伝は読んでも良い!

ドラマとアニメ化のおかげで一気に知名度が上がったハコヅメですが、漫画ファンとしてはドラマにもアニメにもないハコヅメの面白さが凝縮されているのは原作漫画版だと思っているのでぜひこの機会にハコヅメを!良い年した中年になっても漫画で笑いを堪えきれない体験ができたのはハコヅメだけですね。お勧めでございます。

管理人が人生で出会ってしまった面白い漫画たちを紹介
広告



シェアしてみんなで盛り上がりましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。