漫画『魔都精兵のスレイブ』海外の反応評価、感想「最高のバトル&エッチだ!」

間も無くテレビアニメシリーズが始まる『魔都精兵のスレイブ』は日本よりも海外の方が超人気なのをご存知ですか?今回は海外ファンによるこの漫画の何が素晴らしいか?を熱く語っている反応、感想、評価をまとめています。

スポンサードリンク




漫画『魔都精兵のスレイブ』海外の反応評価、感想

Ⓒタカヒロ・竹村洋平/集英社・魔防隊広報部

「ファンサービス系の漫画ではない(保証はない)/能力を使った戦い/HAREM OMG/サドマゾヒズム(LMAO)

私はこの漫画に騙されたと思いました。でも、いい意味でです。
私は「アカメが斬る」の大ファンなので、TAKAHIROさんの新しい作品に期待しています。何も考えずに読み進めた私は、「アカメが斬る」と同じようなストーリースタイルで、グロテスクな戦いを期待していました。しかし!ページをめくっているうちに、私は笑いがこみ上げてきて、信じられない気持ちで首を振っていました。15章まで来て、私はある結論に達した。TAKAHIROさんは、ストーリーを書くのが上手いだけでなく、変態的なストーリーを作るのも上手いのではないかと。) ちくしょう

ストーリー:9.5
正直に言うと、この漫画はとてもクリエイティブです。女の子に力を貸すことは、より多くのエッチなことにつながります。私はこのストーリー設定が大好きです。アカメが斬る」と「To Love Ru Darkness」(私の大好きな2つの漫画)のスタイルを融合させることは、私には耐えられません。たかひろさん、がんばってください! (-0.5は、比較的早い段階でのエラーの可能性があるため)

アート:10
作者が竹村さんに変わったにもかかわらず、絵のクオリティーは間違いなくトップレベルだと思います。第一章で、魔法都市を意味する「マト」のイラストやモンスターとの戦闘シーンが描かれたとき、私はこの漫画の美学を楽しむことができるとすぐにわかったが、男の心の奥底では満足していないのである。しかし、男の心の奥底では満足していない。やがて竹村さんは、私が見たい写真を提供してくれた。背景とエッチなものがうまく描けていれば、簡単に10点ですね~~。

この絵柄を見ていると、やはり「アカメが斬る」を思い出します。特に主人公のキョウカが出てくるところ。エスデスに似ているような気がします。

登場人物 10
ツンデレな女の子が出てくると、親指を立ててしまう。しかし、ツンデレな女の子がたくさん出てくると、10点をつけてしまう!!!!!!!! このカテゴリには議論の余地はありません!!!

楽しんでください。10
15チャプター?私はすぐに殺してしまいました…今、かなりこの漫画にはまっています…第16章はどこですか?!!!!

総合評価:9.5
私はこのマンガが大好きです。このマンガには大きな可能性が秘められています。もしあなたが「アカメが斬る」と「To Love Ru-Darkness」のブレンドに興奮しているなら、この漫画に飛び込むべきです。(まだ15章までしか読んでいないので、エラーの可能性として-0.5)

狂歌さん、もしあなたがこれを読んでいたら。私をあなたの奴隷にすることは許しますが、私にもっと力を与えたいのならば、私を激しく鞭打たなければなりません!!!! (╯✧∇✧)╯


海外でも人気の第二番組組長「美羅」のワンシーン

少年ジャンプに掲載されると、たとえ作者がタカヒロであっても、キャラクターを早々に殺すことは本当に難しいですね……はは😄。

それでも、私にとっては9/10です。

ユニークなストーリー。物語の進行と、読者への「ジャンプサービス」のバランスを考えて作られている。

MCのキャラクター開発が素晴らしい。「サービス」のコマがあっても、ストーリーが進むにつれてMCが成長していく。

女性キャラクターの性格が良く、特に(天花)は良いキャラクター展開をしています。

特に誰が誰と戦うかを決めるときに、ちょっと陳腐なバトルアーク。

少年ジャンプ+に掲載されるにふさわしい、素晴らしいアートです。

P. S. 他の作品と違い、この漫画は私のようなファンのために「ファンサービス」の正しいやり方を示しています


この漫画は私の作者に対する見方を変えます。世界観はとてもユニークで分かりやすく、登場人物は皆、(ハーレムものをあまり読んだことがない)私があまり見たことのないような個性的な特徴を持っています。

展開もよくできていると思います。今すぐにでもキャラクターを殺し始めても構わないと思います(アカメが斬るとは全く違うので、そうはならないと思いますが)なぜなら、実際に彼らに感情移入できるからです。ハーレムものが苦手な人でも、一度読んでみてください。


文字通りサドマゾヒズムのエッチな作品ですが、とても楽しめました。

漫画というメディアで伝えられることは限られているので、キャラクター開発やストーリー、キャラクター間の関係など、文学の立派な側面に内容を比例して多く盛り込むことが、高評価を得るための最善の方法だと思うでしょう。

しかし、この作品の30%はアニメのお○ぱいでした。

私はかなり充実していたと思います。

これはタカヒロ(原作者)が残りの70%を使って、このシリーズに十分な価値のあるコンテンツを収めるために、底知れぬほど効率的で賞賛に値する方法を使っていることを物語っているのか、それとも私が単にアニメが好きなだけなのか…。

…または、私はアニメのおっぱ○が好きなだけです。


この作品は非常に優れており、ファンサービスに全力を尽くすことを恐れず、しばしばソフトコア・ポルノに近いものがあります。

アートである作画は美しく描かれていて、とても鮮明で、見ていて気持ちがいいです。女の子たちはそれぞれ個性があり、体型も違うので、お気に入りの子が必ずいるはずです。どの子も注目されているのが良いところです。

ストーリーもシンプルで覚えやすいのが良い点。最近ジャンプ作品でもわかりにくい作品が多い中この作品は余計なものを削ぎ落としに削ぎ落とした結果誰でも理解できる作品になっています。
『この世界では、女性は超能力を持っていますが、男性は持っていません。』
どうですわかりやすいでしょう?
つまり、最初は弱い男だった主人公が、魔物ハンターのグループと奴隷主契約を結び、奴隷として活用できる超能力を手に入れます。奴隷として働いた後は、契約に基づき、悪魔ハンターの女の子たちに「ご褒美」をしてもらわなければならない。というわけです。

今まで男だからと馬鹿にされていた主人公の優希が、女性の願望に答えることでその褒美として少しエロティックな褒美を受け取る・・・性について色々とうるさい古今であっても誰もがニヤリとする展開になっているので男女の受けが良いと思われます。


私はマゾヒストではありませんが、一日中、男性の主役であっても構わないと思っています(笑)。
今のところ、『魔都精兵のスレイブ』のストーリーはとても楽しいです。
最初は、物語のスタートが遅く、最初の2、3章では一般的な感じがしましたが、最終的には暖かくなります(ニッコリ)

ストーリーはシンプルですが、創造性に富んでいます。ファンサービスもありますが、過度なものではなく、物語の流れに沿って行われています。
キャラクターは目新しいものではなく、多くは既存のシリーズの似たようなグループを踏襲していますが、それは悪いことではありません。
キャラクターは物語に貢献していますし、プロットに積極的に貢献するのに十分な能力を持っています。

アートワークは非常に洗練された方法で表現されており、パネリングの移行もうまくいっています。

広告

まとめ:漫画『魔都精兵のスレイブ』海外の反応評価、感想「最高のバトル&エッチだ!」

シンプルな物語でわかりやすく、キャラの描き分けも見事で全員の個性が良くわかる、全員がメインかのように取り扱われ全キャラに親近感が湧く、絵はトップレベルの上手さで美しく、可愛く、見ているだけで楽しい。そしてエッチなシーンは単行本で購入すれば細部まで見える仕様なのもグッド。

漫画『魔都精兵のスレイブ』は8巻まで発売中。毎回巻末のさらに過激なおまけ描き下ろしは見ない方がおかしいレベルです。

created by Rinker
¥502 (2022/09/29 16:57:22時点 Amazon調べ-詳細)

9巻も間も無く発売しますよー

created by Rinker
¥460 (2022/09/29 16:48:43時点 Amazon調べ-詳細)

気になる最新9巻のネタバレはこちらで読めます。

広告



シェアしてみんなで盛り上がりましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。