マーズランキング9位:イザベラ・R・レオンの昆虫リオックが凄い

圧倒的咬ませ犬と思ったあなたは正解!

でも実は

マーズランキング13位のイザベラ・R・レオンのベース昆虫「リオック」と呼ばれるコオロギの生態が超凄い!

昆虫なのにジャングルの食物連鎖の頂点にいるとんでもコオロギの生態から

さらにイザベラの知られざるプロフィールも紹介!

(多分)連載再開までもう少し!今のうちにテラフォーマーズを復習しておこう!

登場回数は明らかに少ないのになぜか印象深い彼女の名前を知らない人は多いはず。

そんなイザベラをピックアップしてみたら、結構面白い情報が満載だったのでお楽しみに。

特に彼女のベースとなっている昆虫「リオック」が面白い!

スポンサードリンク




マーズランキング【13位】イザベラ・R・レオンとは?

超強そうな女戦闘員だったのに見事にテラフォーマーズの咬ませ犬の礎となった「イザベラ・R・レオン」の知られざる一面を紹介していきます。

イザベラ・R・レオンはテラフォーマーズの火星探索チームアネックス号のドイツ部隊の一員、テラフォーマーズ一番人気を誇る「アドルフ・ラインハルト」の部下なのだが、中国とローマの複合罠に引っかかってしまいゴキブリの包囲する穴に落下。

そして凄惨な死を迎えたイザベラですが、なんか印象深い不思議なキャラです。

そんな彼女を深堀していきます。

広告

イザベラ・R・レオンのプロフィール

単行本5巻に掲載されているプロフィールではかなり詳細に書かれているので紹介。

好きな食べ物:フルーツ全般・豆乳
嫌いなもの:アボガドやトマトをフルーツ扱いしすぎる風潮
瞳の色:コバルトブルー
血液型:O型
誕生日:11月21日(蠍座)
年齢:19歳
身長:174.5cm
体重:61kg
特技:歌と声帯模写
備考:田舎町の貧しい農場従業員の下に生まれる。
家計を助けるために、農場主の屋敷でメイドとして働いていたが、主の息子に乱暴されそうになった際に反撃して重大な怪我を負わせてしまう。
 エヴァ曰く、常に片手の手でフルーツを食べているからか、甘い匂いがするらしい。
バストサイズはDカップ。

広告

イザベラの死因「撲殺されて粉砕」と経緯

こちらの記事でも紹介していますが、さっくり解説すると

・アネックス本艦から脱出したアドルフ率いるドイツ隊は中国隊が全滅(偽装)しているのを発見、嫌な予感がするとアネックス本艦に向かう。
・突然中国隊の脱出艇がドイツ隊に激突。
・脱出艇を操縦していたのはゴキブリ(テラフォーマー)
・落下した先は50mぐらいの深さの巨大な穴。
・周囲は大量のゴキブリが包囲中。

目の前にマーズランキング2位の隊長アドルフ・ラインハルト、そしてランキング13位の自分がいれば余裕でこんな包囲網を突破できると思い込んでいた二人は薬を注射して変異し互いの標的に向かう。

イザベラ・R・レオンが注射して変異したのは「リオック」、肉食で、非常に獰猛であり、性格も一気に交戦的な態度になるイザベラ。

見よ!

この発達した大腿二頭筋を!

ヒラメ筋(ふくらはぎ)を!

前脛骨筋(すね)を!

腓腹筋(すね内側)を!

そして無類のマッチョ好きの19歳の未成年を!

これがランキング13位
イザベラだ!!!
ベースの昆虫「リオ


グシャッ!!

ブラジル育ちの貧民イザベラ・R・レオンの死因「撲殺」

マーズランキング13位イザベラ・R・レオンの映った最後のコマ。である。
この肉片が彼女の最後の・・・。

タイプな筋肉を持つテラフォーマーの左腕フックによる殴打の衝撃によって爆砕。

しかし、

しかしだ。

テラフォーマーズを読んでみて彼女の昆虫ベースほど「興味湧く虫」いませんよね?

「リオック」聞いたことない。

昆虫なのに肉食で獰猛で、

え?

コオロギの仲間?

なのに

大型昆虫」

って初めて聞いたわ!

さぁお楽しみはこれからですよ↓

この先虫注意!

虫注意!

テラフォで鍛えられた読者でも結構きつい
巨大昆虫画像が満載です!

広告

イザベラのベース昆虫「リオック」とは

リオックについて、調べてわかったこと。

テラフォーマーズの説明以上にグロい。強い、デカイ、ヤバい。

調べていて足元がゾワゾワする。

こんなのが家に出たとしたら・・。

国内外のリオック情報をまとめて紹介します。

https://www.youtube.com/
マジのサイズです。

リオック(学名 Sia ferox)
インドネシア生息の昆虫。
キリギリス亜目・コロギス上科
体長6cmー10cm
(世界ではさらに大きいタイプも目撃されている)
(日本のコオロギの約3倍の大きさ)

ただのデカいコオロギと思ったのですが、調べれば調べるほどやばい。

インドネシアのジャングル内でリオックは「食物連鎖の頂点」であることが判明。

ヤベェ↓

広告

タランチュラも捕食対象、食物連鎖の頂点

海外情報まとめると。
リオックは、
希少生物とも言われているが普通にジャングルで確認することができる。
夜行性で昼は巣穴に隠れてしまうので見つけにくいだけかもしれない。
一番の特徴はコオロギなのにジャングルの食物連鎖の上位に君臨していること。
理由はどんな昆虫よりも強く、早く、肉食、獰猛、タランチュラも捕食対象であることが挙げられる。

メスの方が強く大きくなる生態を持つ、しかもメスの方が獰猛でオスと一緒に飼育するとオスを捕食してしまう

このメスの方が強いってのも結構面白い。
テラフォーマーズのイザベラ・R・レオンにしっかりと馴染む設定ってのもいい感じ。

カマキリ入れると速攻噛み付いて食べ始める。

でも実際には結構カマドウマのようなリアルな気持ち悪さを感じるフォルムはヤバいぜ。

一時期日本の動物園でも「お化けキリギス」と銘打って展示したらしいが全く言うことを聞かず獰猛なため速攻終了。日本では今作テラフォーマーズのおかげで検索数が少し増えたとか増えないとか。

分類
界 : 動物界 Animalia
門 : 節足動物門 Arthropoda
綱 : 昆虫綱 Insecta
目 : バッタ目(直翅目) Orthoptera
亜目 : キリギリス亜目(剣弁亜目) Ensifera
下目 : コロギス下目 Stenopelmatidea
科 : Stenopelmatidae科 Stenopelmatidae [1]
亜科 : Siinae亜科
Siinae Gorochov, 1988 [2]
族 : Siini族
Siini Gorochov, 1988 [3]
属 : Sia属 Sia Giebel, 1861 [4]
種 : リオック
S. ferox Giebel, 1861

広告

「インドネシアの悪霊」と呼ばれるの理由

sia ferox vs praying mantis

リオックは実際に人を襲ったりするわけではないそうで普通にインドネシアでは見かけるようです。(ちなみに日本でも毎年1例ぐらいは見つかるそうです…怖っ!)

で、リオックがインドネシアの悪霊と呼ばれる理由は「虫王」と呼ばれる昆虫同士を戦わせる映像作品内でリオックのことを「インドネシアの悪霊」と紹介していたのが始まり。

この作品は根強い人気を誇りスマッシュヒットしたおかげで結構リオックの名前は知らなくても「インドネシアの悪霊」の名を持つコオロギは知っている人は多いかも。

created by Rinker
¥600 (2022/09/29 17:36:42時点 Amazon調べ-詳細)

広告

【閲覧注意】リオックVS巨大昆虫の動画まとめ

ここまで来たら「リオック」か「インドネシアの悪霊」で検索し始めると思うので先に国内外のリオック動画をまとめておきましたのでどうせならこの記事内で動画を楽しんで私の記事の評価を上げるお手伝いもお願いします↓

リオックVSカマキリ

リオックVS巨大カマキリ

リオックV S巨大ゴキブリ

リオックVSクワガタ

リオックVS蜘蛛軍団

リオックがリオックを捕食

うわぁ。

テラフォーマーズが嫌いになりそうなレベルで虫の脅威を思い知ったと思いますが。

どうせならもう少しお付き合いください。

リオックよりももっと凄いバッタ見つけました。

広告

もっとヤバいバッタ「ジャイアントウェタ」の話

世界で最も重たい昆虫。

そして最もグロい見た目。

そして、バッタの仲間。

初めからテラフォーマーズの中にこいつがいたら圧倒的だったんじゃないか!?

読者の期待度No. 1!!!

その名も「ジャイアント・ウェタ」

普通のコオロギの100倍の大きさっておいおい。

しかし、残念なことにこいつは一生テラフォーマーズに登場することはないでしょう。

ただただ、見た目のグロさ、凄さでここまで読んでくれた読者を喜ばせようとそ持って調べたんですが、実はジャイアント・ウェタはニュージーランドの固有種で現在絶滅危惧種

こんないかついのに?

手のひらサイズのバッタの仲間で、身体中にトゲがあり、素足で踏んだらこっちの足がズタズタになる程硬く、甲冑のような対比、そして鋭い顎の力によって「鳥や鼠などの小動物を襲って食べる」なんて生態はありません。

ジャイアント・ウェタは見た目に反して草食、で性格は温和そのもの、しかも昆虫界トップクラスの重量なため自力で飛ぶ(ジャンプ)することができず、普通にそこらへんの動物にステーキレベルなご馳走に見えるのでしょうね、ガンガン捕食されて現在ほぼ絶滅って言われている残念な生き物図鑑に出てきても差し支えないレベルの虫でした。

ジャイアント・ウェタの飼育する海外の動植物園の動画。4分30秒からジャイアント・ウェタ祭りが始まります。

広告

まとめ:イザベラのベース「リオック」は無限の可能性があった

タランチュラとかゴキブリもガンガン捕食するのに、結局筋肉に撲殺されてしまうのは勿体無い!

あのメスだけの獰猛性と攻撃性と肉食と強靭な肉体を武器にガンガンテラフォーマーたちを倒して欲しかった!

だけに勿体無い。

調べれば調べるほどに「イザベラ・R・レオン」と「リオック」のタッグはもう少しだけ活躍しているのを見たかったですね。残念です!

テラフォーマーズファンの皆さんのために色々記事書いてます。

広告



シェアしてみんなで盛り上がりましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。