テラフォーマーズが休載なぜ?理由は?再開は2022年の噂の真相とは?

遂に4年目突入「そろそろ休載した理由をはっきりさせよう」原作者廃人説が濃厚なテラフォーマーズがなぜ休載したのか理由を調査した結果とは?連載再開は2022年が濃厚の噂の真相などを紹介。

スポンサードリンク




テラフォーマーズはいつから休載してた?

テラフォーマーズは地球編に入ってから何度も休載を挟み、「風呂敷広げすぎたか!?」とファンに心配をされていましたが、2018年12月6日のヤングジャンプ1号で「作者急病のためしばらく休載します」というアナウンスが入ったきり一切公式からの発表が止まってからもう3年が経過、休載4年目に突入しています。

3年前のテラフォーマーズ休載前の58話どうなったか覚えていますか?↓

サムライソードvsハンニバル、かなり熱い展開が始まりそうで全く始まらない挙句にずっとサムライソードの蛇足のような過去話をズーーーーっとしており話が全く進まないで休載に入ってしまったあのモヤモヤを是非思い出してください^^

広告

テラフォーマーズなぜ休載?休載理由

ということで改めてテラフォーマーズがなぜ休載したのか?2021年12月時点の情報をまとめて紹介していきます。

広告

休載の真相は「原作の貴家悠が病気で長期療養」

いつもご愛読頂きまして、誠に有難うございます。
楽しみにして頂いている読者の皆様には、心より申し訳なく思っておりますが、原作・貴家悠先生の病気療養のため、次号1号(12/6発売)より、しばらく休載させて頂きます。
ご心配をお掛け致しますが、どうかご理解頂きますようお願い致します。 pic.twitter.com/Yoa0pxDIb8— 「テラフォーマーズ」公式 (@terra_official) November 29, 2018

2018年12月の休載時「原作の貴家悠先生」が病気のためしばらく休載と公式発表されました。これ以降貴家悠先生について言及は一切されません。2021年もだんまりです。

それまでクソ面白いテラフォーマーズを支えてきた大黒柱でもある原作担当の貴家悠先生。様々な雑誌インタビューに公式ガイドブックなどで元気なお顔を見せていただけに、長期療養が必要な病気という発表はファンに衝撃を与えました。

しかし肝心の「病名、病状」については一切触れられず仕舞いです。

橘賢一先生も休載後はほぼツイートすることはなく、相棒のことについては一切だんまりを決め込み、2020年の12月のツイート以降黙っていました。

そしてこの後2021年に突然作画の橘賢一先生は原作の貴家悠先生を裏切って新連載を再開してしまいます(後述します)。

これに対してファンは激怒。

しかし逆に、長年パートナーだった貴家悠先生とコンビ解消をする必要があった=貴家悠先生の病状はそう簡単には治らない結構重いのではないか?本当に廃人になってしまったのでは?と盛り上がってしまい再び「作者 死亡」がトレンドに上がってしまうほどに…。

広告

作者死亡の噂とは?

以前こちらの記事でも紹介しましたが、テラフォーマーズ関連の記事を書いていることを告知した際にDMで作者死んだのしらねぇの?というメッセージをいただき衝撃を受けた話です↓

作画:橘賢一先生はTwitterでの発言は少なく、2019年12月20日の投稿を最後に2020年は一度も発言することなく2021年にファンの返信も一切されず一時トレンドで作者死亡が上がりました。

【えっ?】テラフォーマーズ作者死亡…原作者と作画どっち?より引用

しかし、調べてみると「休載した理由、何も言わないということは死んだんじゃないのか?」という憶測が勝手にリツイート祭りに発展して一部ファンの間でトレンドになった。というのが真相です。

広告

テラフォーマーズの休載はいつまで?

ということで当初はHUNTER×HUNTERよりは休載期間は短いだろう、富樫先生の弟子である喧嘩稼業の木多康昭先生よりは休載期間は短い…よ…ね?

と言われていましたが、現時点では富樫先生、木多先生、貴家先生どちらも同じぐらいの休載期間、そして休載記録を更新しています。

テラフォーマーズの休載期間はいつまで?

という質問はHUNTER×HUNTERいつ再開?喧嘩稼業はいつ再開?という質問と同じ…と思っていたのですが、実は作画の橘賢一先生がテラフォーマーズのパクリ漫画ジャイガンティスを発表した際に、面白いことを言っていたので紹介します↓

広告

テラフォーマーズ『連載再開2022年』の噂

ファンにも何も知らせずに水面下で勝手に別の原作者とタッグを組んで「ジャイガンティス」という漫画を新連載を発表。

流石に音沙汰なし→いきなり別の原作とタッグで新連載→ファン舐めんなよ!?と炎上、火消しのために着いた言葉がこちら↓

ということで、突然原作者を変えてテラフォーマーズの設定をパクったような漫画「ジャイガンティス」をこっそり発表したら、テラフォーマーズファンに叩かれまくって炎上した結果、少しカッコ悪いことをしてしまった橘賢一先生。

広告

まとめ:テラフォーマーズが休載なぜ?理由は?再開は2022年の噂の真相とは?

テラフォーマーズの休載は2018年12月のヤングジャンプ1月号に掲載された58話から長期休載中。現在4年目。休載理由は原作者の貴家先生の病状悪化のため。(病状、病名は不明のまま)ということでファンがヤキモキしたまま時が過ぎ。

突然2021年に作画の橘賢一先生が別の原作者とタッグを組んで「ジャイガンティス」を連載開始。あまりに突然のテラフォ捨て&今まで音沙汰なかったのにいきなりタッグ解消&新連載ってどういうことだ!と炎上した挙句に言った言葉「テラフォはまだ未完だし!貴家先生が復活したらいつでも再開できるから!」と言い切りファンをなだめた。

この言葉を信じているファンはさっさとジャイガンティス打ち切りにならないかな…(ジャイガンティスが終わる=テラフォ再開)と心待ちにしている状態です。

まぁその新連載のジャイガンティスも結構つまらないので仕方がないですね。

広告



シェアしてみんなで盛り上がりましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。