【テラフォーマーズ】ゴキブリが「じょうじ」言うようになった理由が興味深い話

テラフォーマーズに登場するゴキブリ(テラフォーマー)はなぜ「じょうじ」と話すのか?ゴキブリの正体の謎に迫る言語が生み出された理由が最高に面白いので紹介します。公式ガイドブックにも掲載された驚きの理由とは?

スポンサードリンク




乗組員が「ジョージ」の名前を連呼したから

え?まじで?

マジです。

バグズ1号の乗組員で主人公の「ジョージ・スマイルズ」たちはテラフォーマーに襲われる際に活躍した「ジョージ」の名前を何度も何度も叫び続けたことでテラフォーマーたちは「人間はジョージと発生して会話する」と認識。ゴキブリたちの言語として昇華させたのがテラフォーマーの新言語「じょうじ」だそうです。

公式ガイドブックにも記載しているので念のため抜粋。
「じょうじ」の起源は、あの「ジョージ・スマイルズ」!
読者なら誰しもが気になるテラフォーマーの「じょうじ」。貴家悠先生によると、この言葉の起源はバグズ1号乗組員「ジョージ・スマイルズ」の名前とのこと。テラフォーマーは初めて人間と接した際、多数呼ばれていた「ジョージ」を記憶、自らの言語に改良したのだ。

そうすると疑問になったのは

「そんなに1人の乗組員の名前を叫ぶか?」

「後付けじゃなくて?」

ですよね。

と言うことでテラフォーマーズの前日譚「バグズ1号」を読み直して彼らがどれだけ「ジョージ」を連呼したのかを調べてみまし。

広告

「ジョージ」って誰が何回言ったか調べてみた

ゴキブリ(テラフォーマー)の前で「ジョージ」と言った回数を調査した結果。

バグズ1号で「ジョージ」と叫んだ回数は

2回ッ!!

そのうち2回とも叫んだのは「リサ・オイカワ(25歳)」のみ。

少ないねぇ。

2回発言しただけで、認識するかなぁ。

もう一度読み直して見つかったのは。

宇宙船バグズ1号の扉を開ける前に「3回」三人の乗組員が「ジョージ」と発言しているが、ゴキブリがそこまで耳が良いとしても「ジョージ」が人間の言語や!となるのかは不明。

広告

2回「ジョージ」と叫んだだけで認識された?

2〜5回程度散々しゃべっている中で「ジョージ」だけを抜き取るとかどんだけすげぇ生き物なんだテラフォーマーは!?と思って公式ブックを漁ったら。

ありました。

貴家悠先生が「ジョージ」=「じょうじ」説について言及。

テラフォーマー襲撃時、リサはジョージの名前を連呼
この際、インプットされた名前が全ての始まりです。
言葉によるコミュニケーションという人間の文化に初めて接触。
そこから、彼らなりの文明が形成されました。

これは興味深いですね。

初めて言語でコミュニケーションを図る生物を見たテラフォーマーたちの耳に印象深く残った「ジョージ!」「ジ…ジョージ!」この2つの言語だけで彼らは言語を一から構築したということです。

広告

テラフォーマ初登場時の鳴き声は『ギッ』

せっかくなので隅々まで調べてみると、バグズ1号(2577年)で初めて人類と対峙した際にテラフォーマーの鳴き声は『…ギッ』である。

テラフォーマーズ公式より

ずっと無言でバグズ1号クルーを殺し続けたテラフォーマーに対して主人公ジョージ・スマイルズの「人類をナメるな」この言葉と気迫で怯えて出した声と思われる。

テラフォーマーズ前日譚『バグズ1号』の主人公ジョージ・スマイルズ解説記事はこちら

広告

まとめ:だからテラフォーマーズは面白い!

まさかテラフォーマーズたちの「じょうじ」の言語のきっかけがバグズ1号の乗組員「ジョージ・スマイルズ」からきているとは誰が予想できたでしょうか?

さらに、実はジョージ・スマイルズはニュートン家の末裔で、テラフォーマーズアネックス編でアシモフがピラミッドの中で見つけた大剣はジョージ・スマイルズのもので似ているが違う刻印がされていることなど原作の貴家悠先生はこれ以外にも多くの伏線を張っている可能性があるので何度も読み直したくなります。

現在もテラフォーマーズの公式サイトで無料公開されているテラフォーマーズの前日譚「バグズ1号」で何があったのか?がわかる

テラフォーマーズ特別読み切り「バグズ1号編」が無料で読めます。

広告



シェアしてみんなで盛り上がりましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。